『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中』を見た。 そにょ4

今回のマニフェストは「天下りの時給は500円にする」っと言うもの。
天下りの善し悪しは難しい所で、
仕事をスムーズに進める為には、
やっぱり、
できる人にやってもらうのが一番いい訳で、
「その『仕事ができる人』ってのが、
 具体的にどういう人か?」
って時に、一つの答えになるのが、
『人脈がある人・情報がある人』で。
民間に無い人脈や情報を 持っているのは
明らかに官僚な訳で。
そういう人が民間に行って、
辣腕を振るうのは悪い事じゃなくて。
むしろいい事で。
問題は
それを悪用する小悪党がいるって事。
それを踏まえた上で、
『天下り禁止』ではなくて、
『薄給にしてメリットを無くす。』って所がポイントですな。
自分も、天下り自体は悪い事とは思わなくて、
それを悪用する小者が問題である。っていう部分は同意です。
そして太田が言っていたのは、
皆がはじめから 小者だった訳じゃなくて。
『大きな志を持っていた。
 でも!
 日々の安定の中で、心が腐敗し始めた。
 だから目先の利益しか考えられなくなるんだ。』
っと、言うような事を言っていました。
リアリストらしい太田さんの意見です。
『国を真剣に思う人にこそ、
 官僚になってもらいたい!』ってのが
大半の人の意見であって、
現役東大生が言っていた、
『優秀だから』、
『なるために必死に苦労している』、
『想いはある』ってのは、ちょっとズレている。
真剣に、それになりたいって考える人は、
それになるための方法論を語るんじゃなくて、
そのもの自体を熱く語る。
現役東大生に、そういうものを感じたか?って問われると、
自分は感じなかった。って所です。
(ええ、方法論ばっかり語られてました。)
きっと、太田もそれを感じきっていたから、
最後のほうで、
『ロック歌手になりたいって言う人は、
 周りから悪口ばっか言われた。
 君達が、官僚になるって事に対して、
 周りから文句を言われて、
 その事 自体を、不満に感じて、
 文句を言い返すことは、
 馬鹿にされるような事だ。』
ってな、感じ事を言ってましたね。
東大生の子が言っていたけど、
『これだけ周りから文句を言われたのは始めてだ。』って言ってた。
官僚ってのは、国の中心に関わる仕事だし、
やっぱり、本来尊敬される仕事だし、
そんでもっていい給料をもらえるわけで。
誰もが なれる訳ではないけど、
やっぱ、いい仕事であるのは確かで、
官僚を目指して文句を言われるような仕事じゃないんですよね。
そういう点で言えば、
ハングリーさが足りない、つか、
どこか、甘さが入り込んじゃうんですよね。
ま、この辺も太田さんが言ってましたが、
『官僚になれたから、
 これで一生安泰。
 それが気に入らないんだ!!』

その通りなんですけど、
この言葉が、届いたかどうかは疑わしい限りです。

『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中』を見た。 そにょ3

とりあえず、2番目の法案の中の小泉首相を支持するか否か。。。
自分自身は『支持』ですかね。。。
功罪も色々有りますけど、
自らの職分の中で、
全力を尽くされたのではないでしょうか?
さてさて、その討論の中で、
第二次世界大戦は、日本の侵略戦争ウンヌンの話がありました。
日本の侵略戦争であったのは、100%確かでありますが、
もう少し正確に言うなら、
『日本とアメリカが、アジアの侵略の覇権を争った戦争』である事を、堂々と言える所がやっぱ凄い。
日本人でも『日本の一方的な侵略』であったと思い込んでいる人が多い太平洋戦争ですが、
戦争を真剣に考えた場合、そんな程度の認識だと、正しい判断なんかできやしない。
当時の世界情勢では、全ての国が侵略するか?されるか?のどちらかしか選べない時代だった。
「単純に『侵略が悪い!』じゃ、片付ける事ができない問題なんだ!」っと言う事を言ってました。
自分もそう思います。
極一部でありながら多数に感じられてしまう日本人は、
認識が甘いと言いますか、間が抜けていると言いますか、
「中国」と「中華民国」の区別がつかない人が「正しい歴史認識」を口にします。
そういう人が、一言で「侵略が悪い」と言い放つから性質が悪いです。
戦争とまともに向き合えない人が、
向き合っているつもりになっている所が、
空しく、悲しい所であります。
我らが、小泉首相も『侵略が悪い』と言い放ちますが、
アメリカの属国でいる事を選んでいるのは、我らが日本国民で。
その日本国民の代表なんだから、アメリカの言いなりになるのは首相の職分です。
そういう意味で言えば、
小泉首相がアメリカの言いなり外交をしているのは非難しにくい所です。
そんで、靖国問題の「アジア外交問題」を、
「アジアが文句言ってるんじゃなくて、
 韓国と中国だけが文句言っているんだから、
 『アジア』なんて言わずに、
 『中国・韓国外交問題』っと言え。」っと言う事を
放映できる所もさすがです。

ワールドカップ 日本vsブラジル

前半、日本いい動きしてたなー、よく動いてたし、
川口のセーブなんか涙が出てくるぐらい凄かった。
そんで、1点専制したのは驚いた。
でも、やっぱ、ブラジルは凄い。
攻撃のスピードに緩急があるもんな、
ゆっくり行くときはゆっくり行って
早く行くときは早くいって。
日本の攻撃と比べると全然違うわ。
ブラジルは個人のテクニックはモチロンそうだけど、
やっぱ、連携がとれてるもんな〜
攻撃の緩急でも、選手同士がちゃんと対応できてるもん。
そりゃゴール前までいけるわ。。。。。
日本は攻撃に緩急つけると、
パスミスしたり、スルーしたり、
もうお話にならない。
そういう点で見ると、緩急に対応できてるのは中田しかいないな〜
せめてFWに緩急に対応できる選手がいれば・・・・・
4年後に期待。。。。。。。。

ワールドカップ日本初戦・・・・

日本負けた・・・・・(沈)
キーパー川口はよくやった。。。
よくやった川口。
1点目は、ミスのような気が凄いするけどしょうがない。
その前は、よく止めた。。。。。
で、FW!!!!!!!シュート打てよ!!!!!!
頼むから。。。。。ホント頼むよ
んで、MF!!!!!!!
何回敵にパスしてんだ!!!!!!!!
『酒飲んできた?』って思わず疑っちまったじゃねーか!!!!
残された道は、打倒ブラジル!!!!!
・・・・・
さて、4年後が楽しみだ。