秋葉原 通り魔事件

うむ~~~~
個人的に、加藤智大容疑者には同情してしまいます。
一番悪いのはコイツだ!と言う当たり前の意見は置いといて。)
もうちょっと別の落し所でケリを付けられなかったのかなっと。
この人はなんでこんな事件を起こしたと思います?
残念ながら、
そこに触れているブログやマスコミって少ないですね。
でも、
こういう事件を次に起こさない為に
一番重要な部分だと思うのですよ。
そこを『犯人が悪い!』の一言で終わらせちゃったら、
あまりにもナンセンスかな?!っと。
「人を殺しまくろう!」
なんて決心できますか?
相当な覚悟ですよね。
それとも、こういう決心ができる人は、
いわゆる”普通の人”とは違う人なのでしょうか?
”普通の人”は、どんな状況にあろうとも、
本気で人を殺したい(世の中を壊したい)ほど
周りを怨まないものなのでしょうか?
「そこまで思いつめない人が”普通な人”」
なのかもしれません。
その意見は、
それで正解な人もいるでしょう。
じゃあ、そこまで思いつめちゃう人は?
わたくし個人的には、
そこまで思いつめちゃう人は、
真面目な人ってだけだと思います。
もうちょい別な言い方をするなら、
そこまで思いつめる人もいれば、
そこまで思いつめない人もいる。
さらにもうちょい別な言い方をするなら、
「人を殺す!」っと言う決心をする人だって、
”普通な人”だと思います。
ではなぜ、
それを実行しちゃうんですかね?
そもそも、
なぜ人を殺すという発想に辿り付くんでしょうか?
ここの部分を一人でも多くの人に考えて頂きたいと思います。
正解にたどり着かなくても、
人の気持ちを考えるきっかけになれば幸いです。
ささやかな事で、こんな事になってしまって、
ささやかな事で、この事件は防げたんではないかと思います。
被害者のご冥福を心よりお祈りいたします。

扁桃腺の画像

自分の扁桃腺の画像を時系列順にまとめて見ました。
2007年5月13日

咳き込み中で辛いときの扁桃腺です。
色も赤くなって、ぷっくらと腫れています。
咳き込んでいる時で、プックリ腫れて、赤味かかってる 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2007年5月26日

咳も収まって体調も回復した時の扁桃腺です。
自分は自覚していませんでしたが、この時点で”腫れている扁桃腺”だそうです。
体調がいたって健康でも、扁桃腺がこれぐらい腫れていたら、耳鼻咽喉科で見てもらったほうが良いそうですよ。
もしかしたら悪性の腫瘍の可能性もあるみたいですからね。
咳も収まって体調も回復した時の 扁桃腺の画像 この時点で腫れてるそうです。
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2007年12月21日

年末に風邪を引き始めた頃の扁桃腺です。
この時点ではとりあえず、風邪の諸症状もあって、咳が止まらないで苦しんでました。
やっぱり赤みかがってます。
この頃はまだ体調的には”普通に風邪をひいてて辛い。”程度で済んでました。
風邪をひき始めで、赤味を帯びてる 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2007年12月28日

年末年始に、寝てれば風邪と咳も直るかな?!って甘く考えていて、
一応、大人しく養生してたんですが、一気に悪化してしまいました。
この時点で、まず絶対に食い物なんて食べられません。痛くて。
飲み物すら不可能です。痛くて。
自分の唾すら飲み込むのが限度です。それでもメッチャ痛いです。
どれぐらい痛いか表現が難しいんですけど、
咽の中を針でグサグサやられるような痛みですかね。
この時にリンパ節も半端なく腫れてしまいました。
アゴの下の、咽の横の部分が凄い膨れてしまいまして、
顔と首が同化した上で、さらに腫れていた感じです。
遠目から見ても明らかに異常だとわかるぐらい腫れていました。
残念ながらその時の写真はありません。
咽が凄い圧迫されているような感じなので、
喋る事すら困難な状態でした。
さすがにこれは尋常じゃないという事で、
夜の救急病院に駆け込みました。
この時が一番辛かったですね。
メタクソ体調悪化したときの 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年1月1日

救急病院でちょっと強めの抗生物質を処方してもらって、
ようやく良くなってきた頃の扁桃腺です。
腫れも少しは収まってきています。
見比べてみると色もピンクに戻りつつあります。
抗生物質投与後の 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年1月15日 16時頃

病院に行ってクスリを処方してもらってたんですが、
クスリがなくなってしまい、再び悪化してきた扁桃腺です。
クスリを飲まなくなって一日後なんですけどね。
この時点で、相当ヤバイってのは感じていました。
抗生物質が切れてしまって再び悪化し始めた 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年1月15日 23時頃

↑の写真の7時間後の扁桃腺です。
見事に腫れきってしまいました。
この時、水を飲むと塩水のようにしょっぱく感じました。
再び腫れてしまった 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年1月21日

耳鼻咽喉科の江崎クリニックさんで治療してもらって、
よくなってきた頃の扁桃腺です。
とりあえず、腫れは収まりました。
回復してきた 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年1月22日

携帯電話が壊れて新しくしたんで、デジカメ機能も向上しました。
画質が良くなってます。ですが色が薄い感じですね。
直接見たより色が薄い感じがします。
新デジカメで撮影した 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年1月25日

ようやく体調も回復した頃の扁桃腺です。
このデジカメだとわかりにくいですが、赤くなってた部分がピンク色に回復しています。
腫れはさほどの差がないですね。
体調が回復した頃の 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年1月28日

落ち着いたのもつかの間、再度腫れてきた扁桃腺です。
また腫れてきた 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年1月30日

再度点滴とか打って、腫れが引いてきた扁桃腺です。
なんとか収まった 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年2月13日

しばらく落ち着いていたんですが、この3日後に一気に腫れます。
腫れる前の 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年2月16日

一気に腫れてしまった扁桃腺です。
体調は特に悪いとかなかったんですけどね。
一応、最初から手術するという方向で話は進んでましたが、
この頃に切取り手術をするのが正式に決まりました。
一気に腫れた 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年2月22日

そして腫れたまんま戻らなくなってしまった扁桃腺です。
体調はこの頃は問題ありませんでした。
腫れたまんまの 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年3月1日

2月下旬から手術するまでずっとこんな感じの扁桃腺でした。
扁桃腺は腫れてはいるものの、体調は問題なく普通に過ごせてました。
ただやっぱり、
この状態だと食事が何かにつけて咽に引っかかる感じがしました。
それと睡眠時に仰向けになると、呼吸が止まったりしちゃいます。
だから寝る姿勢が色々大変でしたね。
あと、夜中に何回も起きちゃってました。
そんな状態が手術するまで続きました。
2月下旬から4月18日までの 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年4月15日

手術前の最後の扁桃腺です。
手術3日前の状態ですね。
ホントの手術直前に写真撮った記憶があるんですが残ってないです。^^ゞ
手術3日前の 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年4月19日

手術翌朝の扁桃腺です。
見たとおり咽が快適です。
今までは、咽が絶えずつっかえてる感じだったんですが、
おかげさまでよく通る感じです。
扁桃腺切取り手術翌朝の 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年4月26日

手術から8日後の扁桃腺です。
まだ糸が見えますが、この頃には痛みも全然なく快適そのものです。
手術から8日後の 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

2008年6月3日

手術から1ヶ月以上経過した扁桃腺です。
見た目は普通ですかね。
ちなみに、写っていませんが未だに糸は残ってます。
自然に無くなるそうですけどね。
手術から1ヶ月以上経過した 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。

手術前後の扁桃腺

最後に、手術前後の見比べた扁桃腺です。
やっぱ全然違いますね。今はおかげさまで快適です。
手術前後の 扁桃腺の画像
ちょっとグロ画像です。画像クリックでそのまま見れます。