Twitterを初めてみたんですよ

Twitterを初めてみた。

よくTwwiterって打ち間違えます。

Twitterを知らない人に
Twitterって何?を説明するのは
なにげに難しい。

なぜなら、
説明するほどのもんじゃないからです。

よく某大手掲示板が便所の落書きと揶揄されます。

それでも某大手掲示板は人が集まるので
有益な情報が集まり、ユーモアも生まれます。
(まぁその弊害として悪意もあるわけですが今回は割愛)

Twitterはまさに落書きそのものです。

書き込む内容に意味なんて込めて書かないし、
読む方も意味を求めて読む人もあんまいないんじゃないかと思います。

意味を求めるというならば、
書き込まれた情報よりも、
"誰が"書き込んだのかの方が
重要視されるでしょう。

そういう意味で言えば、
教科書やノートの落書き
例えた方が近いような気がします。

それでも、
ユーザー登録が一応必要なので、
世間で良く言われる、
簡易版SNSという説明が確かに近いかもしれません。

それでも個人的にはSNS程の意味はなくて、
落書きだと思いますけどね~

個人的には、
意味もなく呟くという行為は性に合ってるらしく、
さりげにハマっております。

今現在の投稿数は47ですが、
これは相当自重しています。

自重しないと、なんか、
インターネットの回線の中に巻き込まれて
二度と出られなくなってしまいそうです。
あんまヒマ人だと思われてもイヤだし。。。^^ゞ

よくよく考えたら、
落書きを見て!
ってのも変な話ですが、

ま、呟いてます。
川口ゲンのつぶやき

よかったら見に来てやって下さい。

でも、見に来ても、
ホント適当につぶやきしかありません。

あしからず

コメントする