久しぶりの更新 part3

さて、約1年4ヶ月ぶりの更新ですか。。。
心構えとしては、
もっと短い間に更新するつもりだったのですが、
なぜかこのような結果になりまして、
自分自身で自分のブログ見て驚いたことは、
未だにパズドラをやっているという事ですかね。
毎日ログインしてスタミナ消費している。(4端末も)
いやはやそれが一番びっくらこいた。

さて、
そんなことを書くために更新したのではありません。
今回どうしても書きたくなってしまった事があったのです。
(歌丸師匠の時でさえ更新しようと思いつつ月日が流れてしまったんですが・・・)

それは、山口県周防大島町の2歳児行方不明の件です。
これは特に子を持つ親目線では非常にショッキングな出来事だったと思います。
今更ながら書くことでもありませんし、
ここを読んでそれを知ったなんて人はいないと思いますが、
それでも書きたい。

結果で言えば、無事見つかってよかったね。って話なんですが、
8月12日午前から行方不明になり、
その動向を気にかけていた人は多いかったんではないかと思います。
僕もその一人です。
正直なところ、14日の時点で「見つかった」ってニュースが無くて、
この暑い時期ですし、もしずっと一人なら何も食べてないだろうし、
たくさんの人が探してるのに見つからない。
ワンチャン有るとしたら、誘拐の線ならまだ生きてるかも?って感じで、
暗い気分になってました。

そんな15日の朝、速報で「2歳児無事発見!」のニュースを見たときは、
一人だったこともあり、狂喜乱舞してしまいました。
まだどういう経緯で見つかったか伝わってこず、
色んなニュースサイトに釘付けになってしまいました。

徐々に詳細が明らかになるに、
ボランティアの男性が山で発見との事。
これまた一人だったこともあり、思わず涙も流してしまいました。

で、このボランティアの男性ってのがまたすごい人。
尾畠春夫さんという78歳のおじいちゃんなんですが、
ホント、心から尊敬できる人でした。

国民栄誉賞うんぬんの話が有りますが、
一国民としては賛成ですが、
たぶんそういう事じゃないと思いますし、
こういう人が少しでも動きやすく、
こういう人が少しでも多くなるように、
でも、こういう人に救われる人が少なくなるような、
そういう世の中にできたらよいなと思います。

小さな奇跡が積み重なって、
よしきちゃんが見つかったんだと思いますが、
この人が来てくれてよかった。
一人の子を持つ親として「本当にありがとう」と伝えたい。

親御さんの心中を考えたら、本当に辛かったと思うし、
思わずマイベイビーちゃんを抱きしめて涙も出た。
自分はなにもできませんし、何もしなかったですが、
それでも小さな感謝だけは伝えたい。

ありがとうございました。

 

追記

救助前の取材

 

退院について

久しぶりの更新 part3” に2件のコメントがあります

  1. 以前に「JUGEMログをMTログに変換サイト」でお世話になりました。者です。頼まれ作業でした、JUGEMログから、MOログに、それをWPに読み込んで無事依頼を達成できました。さきほど昔の「お気に入り」をふとクリックして、失礼ながらまだ変換サイトが健在なのでなにか安堵いたしました。また、久しぶりのアップ記事に全面的に同感ですのでコメントつけました。「無事見つかってよかったね」と心より同感します。悪しきニュースの過多のこのごろ、よかった思いは大事ですよね。また、MTからWPへの移行も経験者として同感です。

    • コメントありがとうございました。
      まさか読んでくれる人がいるとは驚きです。(笑)
      2歳児発見は見つかってよかった以上に、
      希望を感じたニュースでした。

コメントする