ジッタリンジンのプレゼントで思う事

追記!
公式YouTubeチャンネルがオープンしてて、普通に聞けます。→ YouTubeへ

ジッタリンジンのプレゼントの解釈で、
(もしかしたら同じ話を過去にもしてるかもしれない。デジャブを感じるw)

大好きだったけど彼女がいたなんて
大好きだったけど最後のプレゼント
bye bye my sweet darlin
さよならしてあげるわ

っという部分ですが、
(歌詞全文は検索してください)

基本的には彼女が、
たくさんのプレゼントを貰っていて、
最後の最後で、彼女からのプレゼント=別れてあげた。

って解釈でそれなりに納得してたんですけど、

最近、というか、たった今なんですけど、
最後のプレゼントとは彼氏側が送ったもので、
送ったものは別れ話(もしくは別れて欲しい的なのを暗に示したもの)で、
彼女側がそれを受けてあげたって解釈もあるなぁ~って思って、

そうなると歌全体の雰囲気が変わるといいますか、
前者なら、まだ明るい曲ですけど、
後者だと、なんかせつないなーっと。

まぁでも、
>あなたが私にくれたもの~
は、事実の羅列部分で、

>大好きだったけど~
は、彼女自身の内面=心の声
を表してると思うので、

解釈的には
やっぱ別れ話をふったのは彼女からかな~?
っと思う今日この頃。

も~いっちょ!

そうそう、
ついでにもうちょい書くと、

この曲中の、彼氏が彼女にあげたもので、
彼氏からみたらプレゼントのつもりではなく、
特に意味はなく渡したものも混じっているんじゃないかなっと。
ひどい言い方で言えば、
いらないものを渡したのものあったように、
個人的には感じるw

でも、
彼女はそれすらもプレゼントと感じてしまう
その辺が、切なさ・彼女の一途な想いを
表してるんじゃないかなとも思います。

さらなるも~いっちょ!

先に言っておきますが、
長くなってしまった。

ぼく個人的には、
この歌の主人公の人は、
いわゆる遊び相手ではないと思ってます。

単に男側が、
「二人とも同じぐらい好きだ!」
と思って、その思いに忠実な人なんだろうな~っと。

もしくは、
“歌詞に出てくる彼女”こそが”遊び相手”ではないかと思ってたぐらいです。

プレゼントの内容的に、
「遊び相手に送るものかな~?」ってのは強く思います。

ただ女性的な意見で、
相手の女の事を”彼女”と呼んでるんだから、
自分は彼女ではないと認めてる証拠!

っと言うのは納得してしまいました。

さらについでが続きますが、
歌詞の1番2番3番が時系列順になっているという解釈もあるみたいです。

正順での時系列だと、最後に恋心が来るので
さすがにそれは解釈が厳しいのでは?っと。

恋心が最後に来るのは、
彼氏のプレゼントを思い返したときに、
一番大きいものだからだと思うのです。

ですから、個人的な解釈で言えば、
一番最後に恋心が来るのに意味はあるけど、
その途中は大した意味はないじゃないかなとは思います。
(しいて言うなら、インパクト順、記憶に残った順。
 それで恋心が最後に来たのは強調したいから。)

でも、
時系列が3番→2番→1番の逆順は面白みがありそうですね。

彼氏が彼女に、
最初にあげたプレゼントは、ヒステリックなイヤリング
で、
最後にあげたプレゼントは、シャガールみたいな青い夜
と、なると。

二人の関係性の変化が見えるような気がします。

こんな内容の
こんな書き方の
こんな更新でいいのかとも思いますがご容赦ください。
5分ぐらいで軽く書くつもりが1時間20分。(^-^)/

コメントする