4章:救急病院にかけこみました編

前回
3章:更なる体調悪化で三途の川が見えた編

年末(2007年暮)に
扁桃腺とリンパ節が大腫れしてしまい、
救急病院に駆け込む事にしました。

一応、移動で来たんで、
自ら出向きましたが、

自分から移動できなかったら、
迷いなく救急車を呼んだレベルで苦しかったです。

とりあえず、出向くにしろ、
救急でも扁桃腺を診てもらえそうな
"耳鼻咽喉科がある病院へ"って思ったんですが、

そんな都合よく、
病院も見つかりそうもなかったんで、
近所の総合病院に行く事にしました。

川口医療センターです。

救急病院であっても、
専門科目の先生がいるとは限りません。

後に知りましたが、
地域ごとに、症状に合った救急病院を
紹介してくれる行政サービスがあるみたいです。

そこに電話すると、
担当科目の医者が居る病院を教えて貰えます。

インターネットで、
「救急医療情報センター ○○県」(○○には地域名を入れてください。)

と検索すれば電話番号とかわかると思います。

病院に着いて、
年末という事もあってか、
非常に混んでました。

特に小児関係で混んでました。

お子様が中心だったので、
非常に場違いな感じでしたが、
こっちも死にそうなのでおとなしく待ちます。

耳鼻咽喉科の先生も居ないので
内科で診てもらう事になりました。

午後8時半頃から11時前頃まで待ちました。
年末救急パラダイスです。

で、ようやく診察です。

『よくここまで腫らしたもんだ。』っと感心する先生。

とりあえず診察内容は、
抗生物質を処方してもらいました。

診察らしい診察はありませんでしたが、
“他の病院の”耳鼻咽喉科で
診察を受ける事をアドバイスされました。

ここの病院にも耳鼻咽喉科ありませんでしたっけ?

死にかけていたので
ツッコミを入れる事ができませんでしたが、
その理由は、後日何となくわかります。

ま、細かいことは気にしないで、
今日の所は、抗生物質を貰って帰ります。

抗生物質を飲んで
ようやく楽になりました。

人類の英知に感動しました。
抗生物質を作ってくれた人ありがとう。

その後、大人しく安静にして、
体調は回復していきます。

続く

記事リスト
 

3章:更なる体調悪化で三途の川が見えた編

前回
2章:扁桃腺大暴れ!意識失っちゃったよ編

前回の概要

風邪引いて調子悪かったけど、
メッチャ体調悪いの超えたら良くなった気がした。

体調が悪いまんまだったら
医者に行こうと思ったかもしれませんが、

一時的に体調が良くなったので、
医者には行きませんでした。

もっとも体調が良くなったと言っても、
体調不良には変わりないので
おとなしく過ごしていました。

そんなこんなで年末になり、
仕事納めの日になりました。

年末の仕事納めの日は、
2ヶ所ほど仕事納めの席に出席しました。

この日は体調かなり悪かったんですが、
「これで終わりだ」って事で、
なんとかんばってました。

家に帰る頃には雨が降ってまして、
傘も差さずに冬の寒空に濡れながら帰りました。
(仕事納めから家に帰る間に5回ほど吐きました。)

死んで当然ですね。

とりあえず、
家に帰ってから安静に寝ている事にします。

次の日になり、
昼間はよかったんですが、

一日、寝て過ごして、
夕方に大変な事になってました。

目が覚めた瞬間、
正直、死を悟りました。イヤホントニ^^ゞ

まず、
今までに感じた事のないぐらいの体調不良・・・

ダルいなんてレベルをはるかに超越してました。

なんて表現したらいいかわかりませんが、
「これは死ぬ。」って悟る感じです。
(死んでませんが。。。)

そして、喉が超絶痛い。

説明が難しいんですが、
唾を飲み込む事ができません。

唾を飲み込むとメタクソ痛いです。

口内炎に塩を塗り込んでみましょう。

それより痛いです。

唾を飲み込む動作をした直後から、
メタクソ痛いです。

そんで、飲み込む動作を開始すると、
飲み込む動作は途中でやめる事は困難だと思います。

初動作でメタクソ痛くて、
飲み込む動作を途中でやめたいんだけど、

やめられなくて、
痛さが怒涛の如く押し寄せてくる。

そんな感じの痛さです。

自分の人生の痛さランキング
堂々2位に輝く痛さでした。
(ちなみに、ダントツの1位は、
 "歯の神経を麻酔無しで焼いた"です。
 3位は骨折でしょうか。
 でも、1,2位に比べると骨折は優しい。)

そして、喉の見た目と言うか、
首の辺りのリンパ節が凄い腫れてしまい、
見た目で明らかに異常なほど腫れてます。

この時の首周りは、
ホントにものすごく腫れていました。

遠目でもすぐに異常だとわかるぐらい。。。

残念ながらと言うか、
この時の首周りの写真を撮るのを忘れてました。(それどころじゃない)

首とあごが同化してましたね。

同化を通り越して、
あごの下が腫れてました。

ちなみにこのときの扁桃腺はこちら
(現在工事中)

『こりゃやばい』
って事で、救急病院に駆け込みます・・・

扁桃腺の手術も通して、
この時が一番痛く辛かったです。

続く
4章:救急病院にかけこみました編

記事リスト

2章:扁桃腺大暴れ!意識失っちゃったよ編

前回
1章:昔からの扁桃腺の症状編

一昨年(2007年)の2月頃に風邪を引いてしまい、
セキが止まらなくて苦しんでました。

5月頃まで咳込んでました。

この頃から扁桃腺を自分でも意識し始めてます。

っと言うか、

扁桃腺の写メを撮ったら、
咳込んでる時と平常時の差が
顕著に出てきたのがこの頃だと思います。

前までは、
大差は出てなかったので
気にしていませんでした。

扁桃腺の写メはコチラ
(ただいま工事中)

そんで、
一昨年末(2007年12月)にも風邪をひきました。

扁桃腺の写メはコチラ
(ただいま工事中)

この風邪は結構な攻撃力がありまして、
風邪の引き始めの頃に気を失ってしまいました。

その日は朝から気分がすぐれなかったんですが、
そこまで調子悪いという自覚もなかったので、
そのまま出かけました。

んで、
フラフラしながら、
何とかそれなりに過ごしていたんですが、

突然、ものすんごい寒気が起こりまして、
「こりゃいかん」と言う事で、
自主的な休憩(サボり)をとりました。

そしたら、体がホッとしたのか、
全身の力が抜けるような感覚になってしまって、
『あっ!こりゃやべーな~』ってのはすぐに思いました。

人気のない所に居たものですから、
『せめて人のいる場所に移動して、
 発見してもらった方がいいかな~?』

とは思ったものの、

『でも、大ごとにされても嫌だな~』

って、思い悩んでる間に、
平衡感覚が全く分からなくなってしまい、
そのまんま廊下に倒れこんでしまいました。

んで、さりげなく時計を見て、
そのまま意識ははるか遠くへいってしまいました。

時計を見たまんまの姿勢で、
約16分ほど意識失ってました。(寝てた?!)

目が覚めたら、全身すごい汗でしたね。

シャツを二枚重ね着して、
二枚目のシャツまで汗でグッショリ!
ってぐらい汗をかいてました。

引きこもりの悲しい性なのか、
気を失う直前にわざわざ人気のない所に行ってしまいました。

そのおかげで、
廊下で倒れてたのに誰にも発見されませんでした。^^ゞ

幸い騒ぎにならなかったんですが、

よく考えれば、
下手したら致命傷になってたかもしれません。

運がいいのか悪いのか判断の分かれる所です。

ちなみに、
倒れた直後から

な ぜ か 、

一気に体調が良くなってしまいました。

体調不良の峠を越えた?!って判断してしまって
楽観視してしまいました。

その為、
体調は更なる悪化の一途へ辿っていきました。
(正直、医者に行ってても、結果は一緒だったっと思う。^^;)

続き
3章:更なる体調悪化で三途の川が見えた編

記事リスト

1章:昔からの扁桃腺の症状編

元々昔から、
風邪を引いたときは長引く体質でした。

風邪の諸症状は、すぐ治るんですが、
セキだけが長期間残ってました。

記憶では中学生の頃から、
セキが残る体質でしたね。

正式な記録が残ってるのは、
高校一年生の頃に4ヶ月間ほど
セキをしていた記録が残ってます。

ちなみに、
この頃も不規則な生活をしていたせいか、
あまり疑問に思ってなかったみたいですね。自分。。。

セキをしだすと、
大体3ヶ月から6ヶ月近く咳き込んでました。

そんな事が続くと、
「こんなにセキが残るのはおかしい?!」と
さすがに思い始めて、
お医者さんに行くようになります。

お医者さんに行って、
セキ止めや抗生物質など飲んでましたが

効果もなく、

精密検査と言う事で、レントゲンを撮ったり、
喉の粘膜を調べても異常がないという事なので、
だんだん医者にも行かなくなてしまいました。

民間療法ってほどでもないのですが、
それなりの対処法として、
・うがいをする。
・浅田飴をなめる。
・のど飴をなめる。
などしてました。

一応、のど飴を舐めている間だけは
それなりに効果が出てましたが、
根本的には解決しておらず四苦八苦してました。

その頃の扁桃腺が
正常だったのか今ではわかりませんが、

検査しても異常がないって言われた以上、
体質的な問題かと思って、
自分自身もあまり気にしなくなり、
セキが出ても医者に行こうって意識はなくなりました。

検査しても異常ないって言われて、
薬を処方されても効果がないので、
医者に行っても無駄って思ってしまいます。

そのせいか、風邪をひいても医者にも行かず、
風邪をこじらせてしまって、
扁桃腺を思いっきり悪化させてしまう事になります。

続き
2章:扁桃腺大暴れ!意識失っちゃったよ編

記事リスト

扁桃腺 手術しました

扁桃腺 手術しました
もう一年近く経ちますけどね。

扁桃腺の切り取り手術をしたので、
その事について長文ですが書いてみます。
(今更ながら・・・)

なんか色々長くなっちゃったので、
何回かに分けて更新していきたいと思います。
 

 まだ続きます