ドラクエ9 プレビュー そにょ2

さて、ようやく
ドラクエ9本体のプレビューに入ります。

前回のプレビューでは、
ドラクエ9のプレイ環境の話が
メインになってしまいました。

近作の主人公は天使だそうで、
どういう世界観なのかが気になってました。

人間界があって天使界があって神の世界があるらしい。

天使は人間界と天使界を行き来できて、
人間を助けることで、神の世界に行けるとか、
そんな感じのストーリーです。

そして、
天使界と人間界に異変が起こり、
主人公は人間界に放り出されてしまい、
冒険が始まるってな感じです。

いや~~~
いいストーリー展開じゃないですか。

いい感じでファンタジーの世界が
表現されていると思います。

そして異変の内容が分からず、
ミステリアスの部分が盛り上がります。

ストーリー展開は面白いです。

あと、
モンスターがフィールド上を歩いています。

そのモンスターに触れると戦闘シーンになります。

フィールドの歩き方で戦闘を回避できるので
その辺もいい感じでプレイできます。

フィールド上に現れるモンスターも
姿を見てるだけでも楽しいですし、
モンスターに特性というかクセなどもあり、
一直線に向かっていたり、逆に一目散に逃げ出したりと、
これまた見てると楽しいです。

残念な点で言えば、
複数の敵がうまく表現し切れていない事ですかね。

今回、仲間になるキャラクターは、
自分で作ったキャラクターを加える形になります。

ドラクエ3方式ですね。

ここは賛否両論出てますが、
自分はプラスに評価しています。

自分で作ったキャラなので、
仲間が物語に深く関わってこないので、
意見が割れているみたいです。

この辺は単純に好き嫌いですかね。

語弊のある言い方を敢えてするならば、
キャラクター重視なのはFFにお任せすればよろしい。
っという事で。

物語重視のFF。
ゲーム性重視のドラクエ。
って事で、いいんじゃね?

自分の結論です。

錬金やクエストなど面倒くさそうなのが有りますが、
今の所、錬金やクエストなどはやらなくても
本編の進行にはなんの影響もありません。

おそらく、
やっていったら、ちょっと有利になったり、
見た目の変化が楽しいとかそんな感じな気がします。

あくまで、
錬金やクエストはやり込み要素に徹していて、
めんどくさかったら、やらなくてもOKだと思われます。
(自分も最後までプレイしていないのわかりません。)

ですので、
おまけ的要素として楽しみが増えたと前向きに捉えられそうです。

プレイしてて気になったのは、
・ストーリーが一直線過ぎる。
 ・まだ噂のダーマの神殿にすら辿り着いていないですが、
  プレイヤーの行動範囲が関係有る所にしかいけません。
  良い意味で、プレイに迷いが生じないように
  優しく設計されていると言えますが、
  多少の窮屈感は感じます。

・やっぱり3Dマップ。
 ・建物の死角とか見難い。
 ・回転が全回転できず(左右45度まで?)死角ができる。
  (もっとも、回転させなくてもプレイの進行に影響がないように、
   マップの配置等に配慮が見られます。
   個人的に言わせて頂くなら、
   いっその事、回転できないほうが遊びやすいです。)

・マップが広大
 ・プレイヤーの歩行速度も速いのでバランス取れている気もしますが、
  画面が小さいので見にくさを感じます。
  ・上の画面で、地図マップって感じで
   大まかな位置は確認できるので、うまく補完はできています。

・敵が弱い?
 ・ボスキャラも弱い。
  まだ自分が序盤しかプレイしてないせいもあるかもしれません。
 ・ドラクエ2みたいに全滅の危険性を感じない。
  ドラクエ2が難しすぎたって意見もありますが、
  戦闘シーンにもうちょっと緊張感が欲しかったです。
 ・複数のモンスターが登場しにくい。
  モンスターの登場数が1,2体で登場するのが多すぎる気がします。
  ちなみに、多くても3体しか出てきません。
  それ以上の隊列で出てきたモンスターは今の所見た事ないです。

・戦闘にサクサク感がない。
 ・3Dアニメーションが必ず表示されるのでまだるっこい感じを受けます。
  ・ボタン連打で飛ばせてもよかったんじゃないかなーって気もしますが、
   やっぱ作ったからには見てもらいたかったんでしょうか?
   ・もっとも、基本的にレベル上げとか、
    同じモンスターと多く戦わないで先に進んでいけますんで、
    モンスターに飽きが来る前に、次のモンスターの地に移動してるので、
    この辺も非常にうまくバランスが取れていると思います。

・妖精がウザい。
 ・一緒に旅をしてくれる妖精がいます。
  ナビゲーターというか同行者というか、
  一種のマスコットキャラだと思うんですが、
  その妖精がものすごくウザいです。
  ・ジェネレーションギャップかもしれませんが、
   見た目ガングロギャル風で、
   ギャル語で喋るんです。「チョーウケル」とか。
   いくらなんでもそれは無いんじゃないかと思います。
   言い方悪いですが正直な所、
   こんな妖精と一緒に旅したくないです。
   ・妖精は神秘的なイメージが先行していて、
    物腰が落ち着いてるイメージが強いですが、
    陽気で のん気で ノーテン気、
    イタズラ好きで無責任な感じで
    描かれる妖精象も多数有ります。
    ・そういう意味では、
     ギャルとマッチしてる気もしますが、
     単純な話、(↑でも書いてありますが、)
     こんな妖精と一緒に旅したくないです。

以上が、
マイナス的印象を感じた部分です。

全体的には遊びやすく、
良くできていると思います。

ストーリーもまだ途中ですが
面白いです。
素直にオススメできる
いいゲームだと思います。

ドラクエ9 プレビュー そにょ1

夜空に輝く星空の如く
溢れまくってますが、

自分も、
ドラクエ9のプレビューをしてみます。

プレビューの前に、

ドラクエ9とはなにか?

っと言う所から話をします。

この辺の感覚が近い人ほど、
自分の記事が参考になるかと思います。

自分は、
ドラクエ1~5、8はプレイしましたが、
8は未クリアです。

実質、
5までしかプレイしていないと言えるでしょう。

んで、
自分の中では、

ドラクエは3で完結して、
4は番外編、

5以降に関して言えば、
ドラクエの名前が付いている
別ゲームであるという認識です。

ですので、

ドラクエ9とは、
”ドラクエ”ブランドの新作RPG

って感じでしょうか。

さて、
ようやくプレビューに入ります。

ゲーム機本体が
携帯ゲーム機のニンテンドーDSという事で、
画面の小ささが気になります。

まぁ、
慣れでどうにかなるんでないかと思います。

自分はプレイしてる限り気になりません。

でも、
普段からPS3やXBoxなどで、
大画面に慣れている方だと、
気になってしまうかもしれません。

ニンテンドーDS本体で
画面が上下の2画面に分かれています。

その為、ドラクエ9中においても、
2画面を見せるような演出がたびたび行われます。

自分は、
"2画面あるからって、2画面フルに使う必要はない"派
でして、この辺は疲れます。

まぁ、
この辺も慣れで吸収できる部分であるとは思いますが、
若干の煩わしさは感じてしまうかもしれません。

個人的には、
どちらかの画面をメイン画面にして、
そっちだけ見てればゲームクリアできる、
片方の画面はサブ画面で活用して、
上下どっちをメインにするかは設定で変えられる。
ってのが、一番理想的です。

操作方法やインターフェイスなどは、
この辺は非常によく作られてる印象です。

万人向けに作られたインターフェイスの
お手本とも言える操作性だと思います。

この辺は文句ありませんが、

ニンテンドーDSの仕様として、
親指が痛くなります。
(DS Lite、DSiの両方でなります。)

まぁこの辺はDSに言うべき事ですし、
タッチペンで操作しても、
快適に操作できますんで、
ドラクエ9的には良くできています。

次にグラフィック、
これもよく作ってあるって印象です。

特にオープニングはすごいです。

DSがここまでできる子とは知りませんでした。

ですが、
PS2やPSP、それ以上のPS3やXBoxに比べると、
明らかに落ちまくります。

まぁ比べる事自体ナンセンスです。

元々ニンテンドーDS自体が
グラフィックで魅せるハードではないですからね。

個人的には、
3Dのドラクエ自体、懐疑的ですので、
「そんな3Dにこだわらなくてもいいのにな~」
って思いますし、
「3Dにこだわるんだったら、
 DSで出したのは失敗じゃない?」って気もします。

ドラクエ9がDSで出るって聞いた時は、
"2Dに回帰するのか?!!"って喜んでしまいました。

ドラクエ9の話から逸れていきますのでこの辺にします。

まとめると、
DSにしてはよく作ってあるけど、
3Dゲームって考えると荒さが目立ちます。

全然ドラクエ9の本編には
触れないまま次回に続きます。